私の Amazonプライム 活用法(使い倒し方)

最終更新日

タブレット

Amazonプライムって何?

Amazon公式の説明

Amazonプライムは、年間プラン4,900円(税込)
または月間プラン500円(税込)で、
迅速で便利な配送特典や、
プライム会員特典に含まれる
Prime Video、
Prime Music、
Amazon Photos、
Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです。

Amazonプライムについて

という事で、月に500円を支払うと、
様々なサービスを受けられるというシロモノです。

この一つ一つの特典について説明するのは上記リンクのヘルプをご参照頂くとして、
今回は私のAmazonプライム500円+Kindle Unlimited980円の元のとり方をご紹介します。

あくまでも個人的な使い倒し方なので、参考になる部分だけ参考になさってください。

あと、各サービスの下にバナーを貼りますので、
気になるサービスがあればご覧になっては如何でしょうか。

スポンサーリンク

無料配送特典

私はAmazonで買い物することが月に2~3回のペースであります。

そして、お急ぎ便というサービスを使用すると、
送料が500~700円の料金負担となります。

それが無料となるのです。
これだけで500円×3回=1,500円 の経費削減です。

Prime Video

プライム会員向けの無料配信動画がありまして、
その中でも、十数作品の動画を会員特典として視聴しました。

これらの動画を配信やレンタルで観た場合は、
続きものであれば一作品×話数で料金が掛かってくるので、
500円では収まらないでしょう。

Prime Music

こちらも会員限定で100万曲以上の楽曲やアルバムが楽しめるというもので、
私や家族はFire HD 10 タブレットAmazon Echo Plus にてイージーリスニングや懐かしい曲、
また、就寝前は睡眠に適したアルバムを流しながら眠りについたりと重宝しています。

プライム会員限定先行タイムセール

普段はあまり使用しないのですが、
数ヶ月おきに行われるプライム会員限定の特別セール
目玉商品があった場合は優先的に購入できるため利用します。
目的の品が5000円引きとなっており、その際には大分得をしました。

Prime Reading
Kindle Unlimited

プライム会員限定の書籍の他に、
Kindle Unlimitedという有料サービスを併用しています。

実はこれが一番使用頻度が高く、月980円の別料金が掛かりますが、毎月読んでいる雑誌「monoqlo」680円
「家電批評」680円
「LDK」630円
だけでも1,990円で元を取れているところに、
気になる書籍を月に4~5冊読めば更に数千円得をする感じです。

もし有料サービス内で読める一覧でご自身の購読されている雑誌などがある場合、
発売日に配信されるので
買いに行く手間も掛からず、
置き場所にも困らず、
お金も掛からず、

楽しむことが出来ます。

スポンサーリンク

30日間無料体験

まずは30日間無料体験で使い倒してみては如何でしょうか。

「自分には過剰なサービスだな」とか
「500円の価値は無い」と判断するのは
使ってみてからでも遅くはないと思います。

そうやって無料体験から継続会員になったのが私ですが(笑)

まずは、様々なサービスを自分ならどう使って元を取るか考えるのも、
なかなか楽しいものかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする