人事給与制度の改革で人材定着とモチベーション向上を~その4~

最終更新日

退職

退職金

退職金の支払いは二種類選ぶことができる制度を取り入れます。

60歳で退職し、その時点での退職金を満額支給する方法。
もう一つは60歳~70歳まで一年契約で
契約職員として勤務する権利を得る代わりに、
保留されていた退職金が更に仕事の成果に応じて追加される方式です。

そうなると、年金をストックし毎月の給与をもらいながら厚生年金を支払い、
退職金と厚生年金を増やしてもらうことができ、
職員にとってメリットは大きく人での確保ができます。

退職金は勤務する中から生まれる利潤を10年分積み立てた額を支給します。

ただし、老化と共に行える業務や効率は調節し、
毎年業務の軽減と共に給与も減額していきます。

スポンサーリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする