人事給与制度の改革で人材定着とモチベーション向上を~その1~

最終更新日

企業の人事給与制度

企業の人事給与制度の公平性は、
人材定着職務意欲の向上に必須です。

仮に公正性が担保されない状況になれば、
やる気のある職員ほど「燃え尽き」や
「他社(他者)との比較」に苦しみ退職する結果にもなりかねません。

そんな最悪な事態を避けるためにできる仕組み作りの一案を書いてみたいと思います。

  • ひとりひとりの職員のスキルや働きに応じた柔軟な体制の給与制度。
  • ライフステージに応じて子育てなど多くの給与が必要となる時期に必ずしもふさわしい給与が支払われる仕組み。
  • 管理職の勤務体系や業務負担の大きさによる昇進動機の妨げ。
  • 管理職の成果に応じた報酬制度。

こうした要素が人事給与制度で意識的に公平に行われることで、
職員のモチベーションの向上へつながると思います。

次項より実際の具体案を述べていきたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする