印象操作報道に騙されるな。トランプ大統領訪日は、アメリカサイドの認識でも個人的友好を深めることが焦点とアメリカ報道。

最終更新日

トランプ大統領

5月トランプ大統領訪日の目的

5/22分 ニッポン放送・飯田浩司のOK! Cozy up!にて高橋洋一 先生

先日もこの件はブログで書かせていただいたが、
5/22放送の上記番組にて、
高橋洋一先生は「世界にトランプ大統領と仲の良い安倍総理大臣の絵が出すことが目的で、
日米の強固な関係を世界に見せつける為の来日。

そうすると、各国首脳がトランプさんに話して欲しいと
安倍総理大臣に言いに来る。

先日のイラン外相が急遽来たのもそれが目的ではないか」と話されていた。

それまでの日本のマスコミの報道とは逆の内容である。

スポンサーリンク

昨日のアメリカ・Fox Newsでも同様の報道が。

東京 -今週末から始まるドナルドトランプ大統領の日本訪問は、貿易、安全保障、または北朝鮮に関する実質的な結果ではなく、安倍晋三首相との個人的なつながりに焦点を当てることです。
Fox Newsより

Fox Newsの大統領府への取材の結果得られた情報でしょうが、
高橋洋一先生が数日前より予言していた通りの内容です。

日本のマスコミの「共同声明を行わないことは、
関係が悪化しているからだ」という見立ては、
本国のアメリカサイドからひっくり返されました。

良好な関係を装っているだけの印象操作だという識者やマスコミもいるかもしれませんが、
少なくとも、その考え方は国益に反しアメリカサイドの考え方とはかけ離れたものであるのは確かです。

スポンサーリンク

私達の見方を正しく

私達国民の側が、共同声明が無くともトランプ大統領を歓迎する気持ちを持って、
誤った認識から脱却して対応しないと、
それこそアメリカとの関係は悪化するでしょう。

私達は冷静な対応で国益を守りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする