魅力的な割引率・値引きでコスパ良し 株式会社ビジョナリーホールディングス様の株主優待券で家族のメガネを買ってみたレポート in メガネスーパー様

最終更新日

ビジョナリーホールディングス 株主優待券

家族がメガネをそろそろ新調したいという事になり

以前取得した株式会社ビジョナリーホールディングス様の株で送られてきた株主優待券を使用してみることにしました。
今回はメガネスーパー様の店舗にお邪魔しました。

by 株価チャート「ストチャ」

上記の金額✕100分購入することで、
年二回の株主優待券の権利を得ることが出来ます。

詳細はご利用の証券会社のサイトで検索してお調べいただければ幸いです。
私は手数料が安く機能が豊富なSBI証券で取得しました、今よりももっと高い時期に(泣)

メガネスーパー様へ来店してからの流れ

初めて購入する人はお客様登録で書類記入が必要でした。

アイケアメニュープランからコースを選び、目の状態をチェックとケアをしてもらいます。

コンタクトを併用している人はコンタクトレンズも持参して
視力判断の参考に確認してもらうのが良いと家族が勧めています。

今回はアイケアメニュー2000円のライトコースで実施することに。

家族の話では視力、眼圧検査を行ってからヘッドスパを実施。
オイルをつけて肩から首へのマッサージ。
目の周囲〜頭部〜目の周囲のマッサージ。
有資格者の方が行なってくれたそうで、
他のメガネ店ではなかなか無いサービスではないでしょうか。
実際、美容室はヘッドスパ単品でももう少し値段が張るはずなので、
お得なのかもしれません。

スポンサーリンク

メガネフレーム選び

今回は

フレーム20000円
株主優待券で30%割引率-6000円
実価格14000円

レンズニコン製ブルーライトと紫外線カット付き33000円
レンズ値引き券-20000円
実価格13000円

アイケアメニュー2000円

技術料1000円

3Dノーズパッド取替1200円

小計31200円
消費税2496円
合計33696円

という結果になりました。

アイケアメニューと技術料とノーズパッドは株主割引率は適用無しですが、
今回26000円の節約ができました。

レンズだけ変える場合

一番安いクラスだと19000円位で
今回のクラスだとコーティング無しで28000円となります。

フレームの新調をして小計ベースで3200円の差であれば、
特別愛着が無ければヘッドスパをしてもらいつつ新品にした方がお得感があります。

100株購入してもお小遣いで購入できるほどの株価ですし、
メガネやコンタクトレンズを使用されている方はメリットのある株だと思います。

使用可能か確認はしてこなかったのですが、
補聴器も取り扱われていますので、
高価な物を購入する際に30%割引はかなり有効だと思います。

スポンサーリンク

メガネレンズお仕立て券を使用する注意事項

  • フレームを共に購入しなければ使用できないので注意です。
  • 20000円引きにするには、レンズ単品とコーティングなどを含めて30000円以上の金額にならないと使用できません。

スポンサーリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする