京都議定書の主要参加国、二酸化炭素排出の削減は行われているのか ~データで解る驚くべき結果~

最終更新日

アメリカ国旗

京都議定書

京都議定書とは、1990年と比較し温室効果ガス6種の排出量を5%削減するという目標を、2008年~2012年の間に達成することを目指して世界各国が批准した。

地球は温暖化しているかの是非は意見が様々であり、真っ向から対立しているものもある。

しかし、環境利権の関係者の力で温室効果ガスが地球の温暖化に影響しており、地球は氷河期に向かているのにも関わらず、温暖化で地球は食糧難になるなどの印象操作が行われている。

実際のところ温室効果ガスは削減されているのだろうか

気になるのが、1990年と比較して温室効果ガスは削減されているかだ。

特に環境問題を強気に発言する国に関しては気になるところだ。
そのあたりを確かめていきたい。

スポンサーリンク

削減目標

削減目標は以下の通りであった。

  • 92% (-8%) – オーストリア、ベルギー、ブルガリア、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、モナコ、オランダ、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、イギリス、(欧州連合15か国)
  • 93% (-7%) – アメリカ合衆国(離脱)
  • 94% (-6%) – カナダ(離脱)、ハンガリー、日本、ポーランド
  • 95% (-5%) – クロアチア
  • 100% (±0%) – ニュージーランド、ロシア、ウクライナ
  • 101% (+1%) – ノルウェー
  • 108% (+8%) – オーストラリア
  • 110% (+10%) – アイスランド

Wikipediaより引用

まずはこの中で95%以下の目標値を掲げる国のグラフを見てみよう。

アメリカが排出量では一番である。
1990年:4.8234
2014年:5.2543
ピーク:2007年・5.789
削減率:約8.9%増加
上記のようになっている。

他の国々は横並びに見えるが、アメリカを抜いた数値で調べてみることにしよう。

二位は日本である。
1990年:1.0962
2014年:1.214
ピーク:2007年・1.2522
削減率:約10%増加

三位はドイツ。
1991年:0.929973
2014年:0.719883
ピーク:1991年・ 0.929973
削減率:約29%減少

ドイツはかなりの削減に繋げられている。

それらを省いたグラフで見てみよう。

ドイツはかなりの削減に繋げられている。

それらを省いたグラフで見てみよう。

四位カナダ
1990年:0.435181
2014年:0.537193
ピーク:2005年・0.557417
削減率:約23%増加

五位イギリス
1990年:0.555924
2014年:0.419820
ピーク:1991年・ 0.566830
削減率:約32%減少

元の排出量が少ない国になるほど、減少率は高くなる様子が見られます。

排出量0.2百万以下の国々はどうでしょう。

やはり、元の排出量の少ない国程、削減率は高くなる傾向が見られます。

では、グレタ・トゥーンベリ氏が住むスウェーデンはどうでしょうか。

スウェーデン
1990年:0.051946
2014年:0.043420
ピーク:2002年・0.057425
削減率:約19%減少

エコを推進する北欧諸国ですが、排出量の少ない国が温室効果ガス削減をしやすい法則から考えると少なく感じます。
ちょっと意外でした。

穿った見方をしますが、この削減要求自体が元々排出量の少ない国が排出量の多い国に対し、経済ではかなわない腹いせにマウンティングしている構図にも見えてきます。

参加していない大国

では、京都議定書に批准していない大国の状態はどんな様子なのでしょうか。
アメリカと比較してみたいと思います。

環境利権がらみの国々が京都議定書を離脱したアメリカを攻める風潮がありますが、世界で最大の温室効果ガスを排出している国は、京都議定書に批准していない中国でした。

それもアメリカの約二倍も排出しています。

温室効果ガスの排出量世界一位 中国
1990年:2.4424
2014年:10.2919
ピーク: 2014年・10.2919
削減率:約321%増加

これを見れば明らかなように、環境利権の強い国々が、何故京都議定書に一時は批准し増加率約8.9%のアメリカは批判するのに、京都議定書で「発展途上国」(?)の為に温室効果ガス排出量削減義務が無いとされたものの、約321%の増加となった中国へ批判が向かないのは違和感があります。

そもそも発展途上国というには無理のある経済規模を持った中国。
WTOにおいても途上国扱いが疑問視される昨今です。

上のグラフを見れば、中国を途上国と判断するのは無理があると分かります。

それにも関わらず、中国は環境利権の強い国々から批判を受けないのです。

最近日本を批難している韓国は?

最近、日本に対して事あるごとに圧力をかけてくる韓国はどうか、興味本位で見てみることにしました。

韓国
1990年:0.246943
2014年:0.587156
ピーク: 2013年・0.592499
削減率:約137%増加

中国同様、こちらの増加具合も顕著です。
EDMC エネルギー・経済統計要覧2019年版によると、世界の二酸化炭素排出量(2016年)の第7位が韓国で総排出量の1.7%を排出しているそうです。

更に、上記の世界の二酸化炭素排出量に占める主要国の排出割合と各国の一人当たりの排出量の比較(2016年)を見てみると、一人当たりの排出量では世界二位という結果が出ています。

この結果から韓国批判の記事を書くつもりはありませんが、判断基準として知っておきたい事実と思います。

スポンサーリンク

温室効果ガス排出増加率で考えると中国は突出している

これまでの統計を分析してみると、元々温室効果ガス排出量の少ない国は、排出量を削減する率が高くなっていることと、中国の排出量の増加率が極端に高くなっていることが見えてきました。

無論、途上国扱いで京都議定書で削減対象外となったインドも3~4倍の増加率であることは見逃せませんが、環境問題の批判がアメリカばかりに向いているのは間違っていると分かります。

今後、国内外の環境利権がらみの国・団体・企業・マスメディアが日本やアメリカを批難する情報に触れた際、皆さんには正しい認識をお持ちいただき、それらの情報を打ち消して正しい情報を広めていって頂けると嬉しいです。

1990~2014年の温室効果ガス排出量増加率は、
日本は約10%増加
アメリカは京都議定書を離脱しても約8.9%増加
韓国は約137%増加
中国は約321%増加

と、頭の隅に入れておいて頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする