日本の尊厳と国益を護る会~自由・民主主義・法の支配に基づく、正しい日中関係構築を求める緊急アピール~

最終更新日

習近平国家主席

自民党の議員連盟・日本の尊厳と国益を護る会は政府が中国の習近平国家主席を国賓として招くことに対し総理大臣へ提言

令和元年11月13日、自民党の議員連盟・日本の尊厳と国益を護る会が記者会見を行い、以下の内容について総理大臣へ提言することを表明した。

自由・民主主義・法の支配に基づく、
正しい日中関係構築を求める緊急アピール

 政府は、日中関係は完全に正常な軌道に戻ったと繰り返し、表明している。来春には、習近平国家主席の訪日も予定されている中、こうした関係改善を印象づけるメッセージは、外交辞令としては理解するものの、真の日中関係を表しているとは言い難い。
 例えば、わが国固有の領土である尖閣諸島周辺海域への中国船の度重なる侵入中国軍機の領空侵犯は日常茶飯事となっている。
 また、香港市民の民主的政治行動に対し、強権によって弾圧する姿勢は、自由・民主主義・法の支配という現代社会の普遍的価値に照らして、断じて許されない。
 さらに先般、中国側の招聘によって出向いた北大教授が不当に拘束される事件が発生したように、理由もわからず捕らえられ、自由を奪われている邦人は十数人とも言われ、中国において、わが国の尊厳と邦人の基本的人権が尊重されているとは、到底言えない状況が続いている。
 このような現状は、日中関係が「正常な軌道」にあるとは言えないことを意味している。                
 1919年に、日本が世界で初めて国際会議において人種的差別撤廃提案をしてから今年で100年となるが、中国によるチベット・ウイグル・南モンゴルへの人権弾圧が行われ、中国国内で不法不当な臓器移植が疑われるなどの事例が世界中で取り沙汰されている。
 日本の尊厳と国益を護る会は、自由・民主主義・法の支配という国際社会の普遍的価値観に基づく正しい日中関係構築のため、これらの問題に関して習主席来日までに中国政府が具体的で明確な対応をとることを求めるよう政府に対し強く要望すると共に、これらの諸懸案に改善がない場合は、習近平国家主席の国賓としての来日に反対する。

令和元年11月13日
日本の尊厳と国益を護る会

日本の尊厳と国益を護る会 Facebookページより引

このような提言をできる議員グループは他にあるだろうか

残念ながら、これだけ明確なメッセージを発信する議員グループが他にあるだろうか。

残念ながら日本国内の議員は及び腰となり当たらず触らずの姿勢をとる人たちが多い。

黙っているということは、現状を認めているのと同じである。

スポンサーリンク

平成10年 江沢民国家主席を国賓で招いた際

平成天皇陛下は以下のように江沢民国家主席へメッセージを贈られた。

 この度、中華人民共和国主席江沢民閣下が令夫人とともに、国賓としてわが国をご訪問になりましたことに対し、心から歓迎の意を表します。六年前、日中国交正常化二十周年に当たり、閣下には中国共産党総書記としてわが国をご訪問になりましたが、日中平和友好条約締結二十周年に当たる本年、閣下を貴国の主席としてお迎えすることを、誠に喜ばしく思います。
 日中国交正常化二十周年の年、故楊尚昆主席のご招待により、私は皇后とともに貴国を訪問し、故主席並びに閣下を始め、貴国政府の手厚いおもてなしを受けました。北京、西安、上海の三都市を訪れ、わが国と深い関係にある貴国の風土、歴史、文化に対する理解を深めることができたことをうれしく思っています。多くの貴国国民が私どもに示された友好の気持ちは忘れ難いものとして、今も懐かしく思い起こされます。
 この度の閣下のご訪問では、さまざまな分野の人々とお会いになることと思いますが、その機会に充実した話し合いが行われ、相互の理解が深められることは、両国の友好関係の更なる発展に大きな意義をもつものと期待されます。貴国とわが国が今後とも互いに手を携えて、直面する課題の解決に力を尽くし、地球環境の改善と人類の福祉のため、そして世界の平和のため、貢献できる存在であり続けていくことを切に希望しております。
 貴国は、この夏みぞうの洪水に見舞われ、多くの人命が失われました。閣下のご心痛の程が深く察せられます。閣下のご指導の下、貴国国民がこの苦難を克服し、一体となって復興に向かって努力していることに深く敬意を表します。
 今回閣下には令夫人とともに初めて仙台と札幌をご訪問になると聞いております。仙台へのご訪問は魯迅の作品「藤野先生」にゆかりのある地であることに関係すると聞き、四十五年前、私が成年に達して初めて出席した講書始の儀において、仁井田東京大学教授が魯迅の作品「藤野先生」と「阿Q正伝」を講じられたことを思い起こしました。
 冬の迫りつつある北方の二都市へのご訪問が実り多いものとなることを、期待しております。
 日中平和友好条約締結二十周年に当たり、両国の末永い友好関係の発展を念願し、ここに主席閣下、ならびに令夫人のご健勝と中華人民共和国国民の幸せを祈って杯を挙げたく思います。

江沢民主席来日 天皇陛下お言葉 1998.11.27 東京朝刊 28頁 産経新聞社様 より引用

スポンサーリンク

これに対する江沢民国家主席の返答メッセージが…

 天皇、皇后両陛下、皇族殿下の皆様、ご臨席の皆様。
 この度お招きに応じ、貴国を公式訪問するにあたり、天皇陛下から熱烈なご歓迎をいただき、今夕はまた、天皇、皇后両陛下には宴会を催して、おもてなしをしてくださり、私は、私の夫人と同僚を代表し、また私個人の名において、心より感謝の意を表します。この機会をお借りして、中国人民を代表し、日本人民に親しいごあいさつをお送りしたいと思います。
 中国と日本は一衣帯水の隣邦であり、両国人民は2000年余りの往来の中で厚い友情を結びました。長年らい、両国人民はお互いに学び合い、お互いの長所を参考にし合いながら、それぞれ自国の発展を促しました。しかし、不幸なことに、近代史上、日本軍国主義は対外侵略拡張の誤った道を歩み、中国人民とアジアの他の国々の人民に大きな災難をもたらし、日本人民も深くその害を受けました。「前事を忘れず、後事の戒めとする」と言います。われわれはこの痛ましい歴史の教訓を永遠に汲(く)み取らなければなりません。
 喜ばしいことに、両国の古い世代の政治家と各界の有識者の共同の努力を通じて、1972年に両国は国交正常化を実現し、78年にさらに平和友好条約を締結しました。中日関係は新たな歴史的条件のもとで幅広い発展を遂げ、アジアと世界の平和と発展にも積極的な影響を与えました。
 6年前、天皇、皇后両陛下は成功裏に中国を訪問し、中日関係の一層の発展を促進されました。この度、私は中国国家主席として初めて日本を訪問し、その目的は、貴国朝野各界とともに、過去を総括し、その上にたって、両国の末永い友好の大計をはかることにあります。
 私は小渕首相との間に成果に富んだ会談を行いました。双方は、世紀に跨(またが)る高い見地から、また、長い目で両国関係を見るべきであるという一致した認識に到達しました。双方は中日共同声明と中日平和友好条約の原則を順守する基礎の上にたって、21世紀に向け、平和と発展に力を注ぐ友好協力パートナーシップを確立することについて合意しました。これは、中日関係が一つの新たな発展段階に入ろうとしていることを示すものであります。
 私はわれわれ双方がともに努力しさえすれば、必ず健全で、持続的な、安定した中日善隣友好協力関係を築きあげることができるものと確信しています。
 それでは、乾杯を提案いたしたいと思います。
 天皇、皇后両陛下のご健康のため、皇族殿下の皆様方のご健康のため、ご臨席の皆様方のご健康のため、貴国の繁栄隆昌(りゅうしょう)のため、中日両国人民の世世代代の友好のため、乾杯!

[特集]日中友好の共同文書 天皇陛下のお言葉(全文)/江沢民主席の答辞(全文) 1998.11.27 東京朝刊 12頁 総合 毎日新聞社様より引用

返答としてこの内容を公の場で発表したのである。

今回も似たような発言によって、天皇陛下に対する非礼をされてはたまったものではない。

相手国のメッセージの検閲などしたくない。

そもそも国賓で招く国の国家元首が非礼を働く国というのが有り得ない。

現状と過去の経緯を踏まえ、今一度考えていきたいものである。

スポンサーリンク

シェアする

2件のフィードバック

  1. 中国は広く、沢山の人々を統治する手段としては古くから強権的な王が支配してきました。
    辛亥革命以来、王政は無くなりましたが、やはり、強権的に進めないと国全体を治められないという強迫観念みたいなものがあるのではないでしょうか?
    もちろん法治主義に私も賛成です。しかし、中国の中には上のようなシンドロームが常に内在しているとしたら、国民の自由を認めて広大な国土に連邦制を敷くという発想は難しいのかもしれません。
    そもそも、共産主義の国のはずなのに、その実はもう共産主義の国ではないですし、西側の理論を正面からぶつけても難しいように思います。
    あまり詳しくは知らないですが、周恩来のように毛主席のわがままの中でも失脚せずにいる指導者が現れるといいですね。

    • コメント有難うございます。

      この先も分裂と集合が繰り返され、また新たな指導者が立つ日が来るのかもしれませんね。
      多民族国家で成功させた事例も歴史にはありますが、それが永続した試しはありません。
      現在の中国と周辺地域のように、一部族が支配しようとする方向になりやすいからでしょう。
      中国の場合、他の地域の政変と違う独自の形で国の形が変わっていくのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする